飲泉とは

飲泉とは

ヨーロッパ諸国では、温泉は飲むものです。

「飲泉」とは、文字通り、飲む温泉

温泉水を飲むことによって病気の回復などの効能を得ようとする行為のことです。古く湯治においては、温泉に入るだけでなく飲泉することで更に回復効果が高まるという考えがあったのです。

また、泉温が低く加熱せずに入浴するとが難しい温泉が比較的多いことや、日本人のように入浴の習慣を持たない人たちが多いことも飲泉が盛んになった要因ではないかと考えらていれます。よって、ドイツやイタリア、フランス、チェコなどヨーロッパ諸国などでは、温泉に浸かって肌から成分を吸収するよりも、直接体内に取り込まれる飲泉の方が主流となっています。ドイツでは「飲む温泉」は、野菜を食べるのと同じくらい効果が期待できるといわれているのです。日本でも飲む温泉の歴史は古く、日本書紀にも飲泉によって多くの病者を治療したという記述があります。日本でも飲泉は古代から行われており、少なくとも江戸時代中期には医学的な見地から飲泉が実施されてきました。

日本で温泉といえば、いい湯だな♬と浸かることだけをイメージしますが、温泉は飲んでもカラダにいい湯なのです。