慢性消化器病

胃酸が多すぎると、胃潰瘍や逆流性食道炎の原因になると言われていますが、空腹時にアルカリ性「重曹泉」を飲むと、胃酸が中和されて、胃酸過多による胃痛や胃の不快感を緩和できます。
一方、胃酸が少なすぎても胃腸の働きが落ちて食欲不振になったりするので、その場合は「塩化物泉」や「炭酸泉」「硫酸塩泉」の飲泉がオススメです。