慢性便秘

健康な胃の場合、食事をすると腸が蠕動運動を繰り返し、腸へと排出(消化)するそうです。しかし、胃の動き(蠕動運動)が低下していると、食べ物がなかなか長に届かず、腸自体の動きも低下していきます。そして、便の中の水分が腸壁に吸収されて便が硬くなり、排便が苦しくなる便秘。便秘になる理由は様々です。

慢性便秘の種類

  • 弛緩性便秘(しかんせいべんぴ)

    大腸の蠕動運動が弱くなったり、筋力の低下により起こる便秘

  • 痙攣性便秘(けいれんせいべんぴ)

    自律神経の乱れなどから起こる便秘

  • 直腸性便秘(ちょくちょうせいべんぴ)

    便が腸まで送り出されているのに便意が脳に伝わらずに起こる便秘

温泉医学の研究により、温泉を飲むことで体内の老廃物や毒素を排出させる働きがあると言われています。温泉に含まれる様々なミネラルなどの温泉成分が、内臓の粘膜からそのまま体内に吸収される為、高い効果を得られるという訳です。温泉の中でも、二酸化炭素(炭酸ガス)が水に溶け込んで出来た温泉「二酸化炭素泉(炭酸泉)」を飲むと、胃の毛細血管に二酸化炭素が入り込み、血管が広がり血流は増加し、消化活動が活発になります。すると、胃の働きと同時に腸の働きも活発になり便秘解消に繋がっていきます。

飲泉の飲み方

温泉医学の研究により、温泉を飲むことで体内の老廃物や毒素を排出させる働きがあると言われています。温泉に含まれる様々なミネラルなどの温泉成分が、内臓の粘膜からそのまま体内に吸収される為、高い効果を得られるという訳です。温泉の中でも、二酸化炭素(炭酸ガス)が水に溶け込んで出来た温泉「二酸化炭素泉(炭酸泉)」を飲むと、胃の毛細血管に二酸化炭素が入り込み、血管が広がり血流は増加し、消化活動が活発になります。すると、胃の働きと同時に腸の働きも活発になり便秘解消に繋がっていきます。