糖尿病

炭酸水素塩泉の温泉水を飲むと血糖状態が改善するメカニズムの一端を、分子レベルで代謝物を調べるメタボローム解析など確認したと発表されています。1日0.5リットル、計4週間飲むと血液検査の結果、飲泉後の一定期間の平均的な血糖値を反映する血中グリコアルブミン値が下がったそうです。西洋医学でも、糖尿病の血糖値が一定の数値まで下がらないと言われている患者が飲泉と運動で劇的に正常な数値まで下げるという例もあります。

飲泉の飲み方

炭酸水素塩泉の温泉水を飲むと血糖状態が改善するメカニズムの一端を、分子レベルで代謝物を調べるメタボローム解析など確認したと発表されています。1日0.食前に温泉の源泉をコップ1杯飲むと良いと言われています。また、浴用によってもインシュリンの分泌が盛んになる夜9時に入浴するのが効果的です。加熱した湯と源泉そのままの26度前後の湯に冷温交互に入浴することにより、インシュリンの分泌を促す刺激が加わり、血糖値を下げてくれる働きが増大されます。

糖尿病

効果がある泉質