肥満症

炭酸水素塩泉を飲むと血糖状態が改善

研究者がメタボローム解析をおこなうと、飲泉期間では、解糖系が更亢進している可能性が示唆されています。これは、グルコースを消費してエネルギーを生み出す働きが、温泉水の飲用によってより強くなるとのこと。その他にも、飲泉後は血中のアミノ酸濃度が減少しており、これは生体内でのタンパク質分解が抑制された結果ではないかと考えられています。また、腸内フローラ解析の結果から、腸内細菌が飲泉後に増加することが明らかになり、肥満防効果があることが証明されています。よって、解糖系の亢進、タンパク質分解の抑制、肥満防止効果がある腸内細菌の増加などを介して血糖状態を改善し、糖尿病の予防や改善に繋がる可能性が示唆されているのです。

従って、炭酸水素塩泉を飲むことによって

  • 1, 生体内の代謝アップ

    解糖系の亢進、
    タンパク質分解の抑制

  • 2, 腸内環境の改善

    肥満防止効果があると考えられる
    腸内細菌の増加

上記2つの効果によって、血糖状態の改善がみられ、一定期間の平均的な血糖値を反映する血中グリコアルブミン値が低下したと考えられます。

肥満症

効果がある泉質